Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
 
<< 3年生 練習試合 FCトッカーノ 11/8 | main | 園児:11月は大会三昧! >>
≪6年生≫2009年浦安市トーナメント大会: 試合結果
JUGEMテーマ:スポーツ
 

2009年浦安市トーナメント大会6年表彰式

≪最後にフォトムービーのリンクを貼りつけております。(今回は少し長めです)
是非ご鑑賞ください。≫


「熱き一日」

11/8()浦安市6年生トーナメント 少年サッカー場

準決勝 VS FC浦安ブルーウィングス 40

決勝  VS 新浦安グランノバ 10(延長戦)優勝!

 
 4
年生の県大会以降、浦安市の他のチームには目もくれず、市外の強豪とのTRMを積極的にこなし、標準は常に県に向けていた状況から浦安では絶対に負けられない意識が我々にはありました。しかしながら、6年生になりレギュラー選手の受験によるリタイアで現状のチーム状況がどの程度浦安市内で通用するのかは未知数でもありました。全日本少年や清水カップやCTCとサッカーを続けてきた子供たちの成長は感じ取っていたはずなのですが、胸中は不安もあり・・・今回のトーナメントのチャンピオンシップに対する思いは強く意識していたことは事実でした。

 準決勝は高洲SCペースで試合が進みました。堅守のDFから中盤へボールが入り、そこからFWまでの得意の早いパスワークが次々と相手DFを翻弄した試合展開でした。結果は上記スコア。絶好のスタートがきれました。

 決勝戦は事前に6年最後のメジャーなタイトルを掛けた試合(3月に招待試合等がありますが、卒業直前で勝ちにこだわる意識は低い大会のような感があり・・・)との連絡を各父兄にして応援への呼びかけもしました。当日は6年の多くの父兄から他学年のコーチや父兄が応援(見学?)に、更にはY顧問までもが会場にお見えになり、高洲SCコールが沸き起こる中でのキックオフです。試合展開は守りを固める相手チームに対し、中々ゴール前までボールを運ぶも決定的なシュートチャンスが作れない状況が続く、逆にパワーとスピードを持つ相手FWが何度かカウンター攻撃を仕掛けてきてひやりとする場面も多くあり、試合はお互いの特徴が出た内容で一進一退だったのではないでしょうか。試合は40分では決着がつかず、会場には照明が入り延長戦へと突入。この日の子供たちは最後の最後まで頑張りました。結果は上記スコア。

 この日の子供たちの頑張りに、応援席からははじめて聞く高洲SCコールが沸き起こり(Y顧問の音頭で)、コーチもまたいつも以上に興奮状態(?)に・・・会場には今までに感じた事がない一体感みたいな空気が生まれていたようです。得点シーンの子供たちの喜びようや試合終了の笛を聞いた応援席の人たちの歓喜の声は、今までにはないものでした。試合を観戦していた他チームの方々からも「ナイスゲーム!」の声が聞こえてきました。改めて感動をくれた子供たちの頑張りには感謝です。卒業までの残り少ない日々、良き思い出がまた1つ作れたのではないでしょうか。

 改めて熱き応援を頂いた父兄や関係者の皆さん!ありがとうございました。

               (翌日にまだ余韻が残る・・・Sより)

 

決勝点瞬間1  決勝点瞬間2

今回のトーナメント戦で優勝できた意味は大きい。

 

相手のグランノバは昨年のトーナメント戦の準決勝で我々高洲ホッパーズに4−0で敗れ、そのときの悔しさをばねに、今回のトーナメント戦には不退転の決意で挑んできた。相手のその情熱がそのままプレーに気迫となってはっきりと感じとれた。

 

グランノバは予想通り、徹底して我らの得点源を封じ、カウンター狙いで我々を苦しめる作戦をとってきた。

 

我々もこれまで強い相手に同じような作戦を何度となく採ってきた。

そしてある程度そのやり方で勝ってきた。

しかし我々はまた、強豪と数々試合を行うことで、同時にそれが通用しないレベルも身をもって体験してきた。

そして今回、我々がそれを仕掛けられる立場になった・・・

 

「負けられない。」

両チームのそんな思いが激しく、でもしっかりとがっぷりぶつかり合う緊迫したゲーム展開となった。

 

両チームの熱意はとぎれることなく、40分のホイッスルがなったが、決着はつかなかった。

 

試合は延長戦に突入。

 

ホッパーズの選手たち、応援席、コーチ含め、強い一体感が、会場全体を包んでいた。

 

そんな延長戦。相手の作戦に封じられて苦しい戦いを余儀なくされていた男がゴール右上にボールをつきさした!

よっ(し)やっ(た)!」

固いこぶしを握りしめ、あまり言葉にならない声が発せられた。

会場のホッパーズ陣全員が歓喜につつまれた。

 

そしてそれからも確かに強くなったホッパーズの力は,
とぎれることはなかった。

グランノバも最後まで闘志絶やさず、すばらしい“がっぷり”の試合は
続いた。

 

そして終了のホイッスル。

 

強かった。そしてこの勝利は大きい。

 

表彰式で鳥居委員長から

「数年みてきた決勝戦の中でも、おそらく最もすばらしい内容の試合だったと思う」と。


そう言わずにいられないくらい、両チームの思いが詰まった素晴らしい試合であった。

 

そして、それにしっかりと確かな勝利をもたらした君たちは、
確かに強くなった。

おめでとう!
                                   
FROM 6年H (apapikomoto)

フォトムービーを添付します。
  ↓
2009年浦安市トーナメント大会6年生の様子

| 試合結果 | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。