Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
 
【8期】リーグ戦開幕: 8期

6年生のリーグ戦が開幕しました。
ホッパーズはAmber、Blue、Cyanの3チームでエントリーしました。
ホッパーズとしてのオープニングマッチはCyanの対明海B戦です。
ホームグラウンドの高洲小で迎え撃ちます。

高洲ホッパーズCyan 3-0 明海B
ボールポゼッションで圧倒するも前半は0-0。
後半に入り攻撃型の布陣に変更し、きれいなワンツーから先制、相手ゴール前からの押し込み、コーナーキックからのこぼれ球をシュートと3点を奪い、勝利しました。CYAN
試合前に決めた課題は出来たかな?

| 8期 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
【8期】全日本少年サッカー大会: 8期

小学校の大会で唯一全国大会に繋がる全日本少年サッカー大会が開催されました。
選手、コーチ、父兄一体となって、この日のために準備を重ねてきました。

グリーン
グリーン
小倉FC 5-0
FC佐倉ピンク 3-2
三小キッカーズオレンジ 1-3

イエロー
イエロー
まどかFC 1-3

ホワイト
ホワイト
ペガサスジュニアFC1981 0-4

トーナメントなので優勝しない限りはどこかで負けてしまうのですが、もう少し戦いたかったね。

会場も遠く、試合日程もバラバラだったけど、自分のチーム以外のチームの応援にも行って、チームの一体感が高まりました。アンダーエイジの5年生も頑張りました!

応援の選手もコーチもみんなで円陣、これがホッパーズだ!
円陣


| 8期 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
【8期】TRM vs 新松戸SC: 8期

全少の開会式から高洲小に戻り、新松戸SCさんと練習試合を行いました。
お互い緑のユニフォームでしたが、ホッパーズはホームなので新松戸さんにはビブスを着ていただきました。
久しぶりの対戦です。
新松戸さんはAチーム、Bチームの2チーム、ホッパーズはグリーン、ホワイト、イエローの3チームで20分の試合を9試合行いました。
グリーンは全少に向け、いい仕上がりで、ボールもよく回り、攻撃パターンも多様化してきました。
最後に失点してしまった点が反省材料。
ホワイト、イエローはアンダーエイジとの融合が徐々にできてきてチームとしてまとまってきました。
永遠の課題である攻守の切り替えを全員で意識して、声を掛け合うことができれば、勝利が近づくはずです。
全少1回戦まであとわずか。
選手、コーチ、父兄一丸となって初戦突破を目指します!

TRM新松戸

対戦いただいた新松戸SCさん、どうもありがとうございました。
大きな声が出ていてフェアプレーの素晴らしいチームでした。

| 8期 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
【8期】全少開幕: 8期
千葉市ポートタワー広場にて全日本少年サッカー大会千葉県大会の開会式が行われました。
408チームが全国大会への切符をめざし闘います。
ホッパーズはアンダーエイジの5年生を加え、37名3チームで大会に臨みます。
グリーンは5/5、ホワイトとイエローは5/12が初戦です。

全少1

全少2
408チームが一堂に会すると壮観です。
| 8期 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
【8期】後期リーグ戦優勝: 8期

春うららかな午後、届きました!
浦安市後期リーグ戦Team Cyanは優勝しました。
小さなトロフィーだけれど公式戦の優勝は8期生にとっては前期のGreenに続くものです。
負けて学び、勝って喜んで、サッカー人生は続きます。
コツコツと努力を続けて、仲間とともに残り1年のホッパーズを楽しもう!
リーグ戦優勝

| 8期 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
【8期】TRM2連戦: 8期

3連休の2日目と3日目に豪華なTRM2連戦を組むことができました。

2月10日(日)
対戦相手は八千代の強豪FC高津さんです。
ホッパーズは主力数名がインフルエンザでダウン、1名がレアルマドリーのセレクション(http://blog.livedoor.jp/malvaurayasu/archives/2024246.html)で戦線離脱し、戦力
的にはややもの足りないカンジですが、持てる力を最大限に発揮して臨みたいところです。
ポゼッションを実現するために味方に声をかけてパスを廻すのがここのところの目標なのですが、試合ではなかなかそれができずコーチはイライラしました。
4時間を20分一本でぐるぐると試合をしましたが、結果もついて来ませんでした。
声を出して仲間を助ける動きができれば、サッカーの質は大きく変わります。
そうなれば結果も変わってくるでしょう。

TRM1

県大会も制したこの赤いユニフォームと対戦できて、それだけでコーチは大満足です。ただしもっと強くならないと次は対戦してもらえないと思います

2月11日(祝)
対戦相手は千葉市大会チャンピオンのラルクヴェールさんです。
同じ緑のユニフォームですが、ホッパーズがホームということで今日はラルクヴェールさんにはサブユニフォームを着ていただきました。
試合は開始30秒で先制され、一方的になるのかと思いましたが、その後は一進一退。
ホッパーズは不用意な失点が散見されました。
集中をきらさないためには普段の練習から、そういう気持ちで臨まなければいけないと思います。
TRM2日目でホッパーズのグリーン、ホワイトともに時折いい形が見えるようになりました。
8人制のサッカーを理解し、攻守の切り替えを速くしていくことができれば目指すサッカーに近づいていくでしょう。



昨日同様、主力を欠いたとはいえ、声を出して味方を呼ぶことができなかった。。。。
これは主力がいるとか、いないとは関係がありません。
声を出す努力をするしかありません。

対戦いただいたFC高津さん、ラルクヴェールさん、ありがとうございました。

| 8期 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
【8期】DREAM CUP@白子: 8期
白子で行われたDREAM CUP2月大会に1泊2日で参加してきました。
千葉県、東京都、山形県から全12チームが出場しました。
今回はトレセン活動と被ってしまったため、トレセン以外の選手14名での参加となりました。
ホッパーズの中でスキルの高い選手とキーパーの参加者がなく、コーチとしては選手起用も難しい大会でしたが、選手の育成を考え、いろいろなポジションに挑戦してもらいました。
また大会を通じた目標はチームとしてのポゼッションサッカーの実現、そのために声を出していこうと選手たちと約束しました。

1日目 予選リーグ
vs 明和蹴球クラブ
2-1 勝ち
勝利したものの惜しいチャンスを何度も逃しました。
普段からシュートの練習がもっと必要だと感じました。

vs藤崎U-11
1-2 負け
圧倒的に攻め込まれるとの予想に反して前半を1-1で折り返し、後半も健闘しましたがカウンターで決められてしまいました。

vsベイエリアフットボールクラブ
3-0 勝ち
実力差はあまりないように思いましたが、終わってみれば一方的な勝利。キーパーの好セーブが光りました。

2日目午前 予選リーグ
vs鷹ノ子イエロー
0-1 負け
この試合に勝てば上位トーナメントに進めるという大事な試合。互角の勝負でしたが終盤でコーチの采配ミス(攻められている場面で選手交代している間に痛恨の失点)。反省しきりです。

vsチナブレーゼ
6-1 勝ち
前後半とも開始30秒で得点し、大量得点が期待されましたが後が続かず、課題(気の緩み?)を残しました。

予選リーグは3勝2敗で6チーム中3位でした。

2日目午後 5位−8位トーナメント
vs のさかFC
2-1 勝ち
ポゼッションも優っていたし、負ける展開でもなかったのですが、終了間際まで1-1の同点。最後で縦の突破からPKをもらい、これを落ち着いて決め勝利しました。

vs GROW FOOTBALL CLUB
2-2 PK 1-0 勝ち
前半で2点を奪い、楽勝ムードで気を緩めないようにアドバイスしたのになぜか後半立て続けに2失点。PK戦はホッパーズも2人が外したのですが、ホッパーズキーパーの好セーブもあって相手は3人連続の失敗。あっけなく勝利しました。
この試合ではやっと目標としていた声を出してパスをつなぐというサッカーができ、勝ち負けの結果以上にコーチも選手も嬉しい一戦でした。

白子2
5位入賞だ!賞品はラダー。
トレセンの選手がいなかったため、いつもより各選手が頑張らなければなりませんでしたが、それが成長を促しました。
みんなでつかみとった5位入賞は立派です。

1泊2日合宿形態の大会でしたが、生活面では選手たちの大きな成長をみることができました。
・食事までに風呂に入る
・食事の時間に遅れない
・食事を残さない(夕食も朝食も全員が完食しました!素晴らしい)
・忘れ物をしない
・くつを揃える
・就寝時間を守る
・朝起きて荷物をまとめる
白子1
コーチに言われなくてもできました。合宿マスターも部屋長も頑張りました。

もうすぐ最高学年です。
生活面でもしっかりとしてきて頼もしさを感じることができました。

無事に大会を終えることができ、ほっとしています。
応援いただいた父兄、関係各位に感謝いたします。
| 8期 | 22:46 | comments(1) | trackbacks(0) |
【8期】アジリティトレーニング: 8期

県大会も敗退して終わってしまい、来春まで公式戦はありません。
冬の間の課題は、個人技術の向上とボディバランス。アジリティの強化です。
今日はアジリティトレーニングを実施しました。
毎回練習のウォーミングアップ時にできればいいのですが、様子をみて頻度を考えたいと思います。
現代っ子は外遊びをしないせいかあまりカラダの使い方が上手ではありません。
簡単なドリルも最初はなかなかできませんでしたが、やっていくうちにコツを掴んだ選手もいました。
さすがゴールデンエイジ!
どのようなメニューをすれば選手の能力が伸びるのかコーチの責任は重大ですが、選手が楽しみながら伸びていけるよう日々考えていきます。

アジリティ7

アジリティ4

アジリティ3

アジリティ1

| 8期 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
【8期】ブロック大会: 8期

トーナメントも(敗れて)終わり、練習試合でもここのところパッとしない試合が続きました。
ブログの更新が進まなかったのもそのせいか???
ブロック代表をかけた戦いが10/6、10/14の2日間で行われました。

10/6
高洲B 0-2 市川中央
高洲B 0-2 北浜
ベンチの選手も含めてチーム一丸となって戦えただろうか。
敗戦という結果は仕方がないとしても気持ちの感じられないプレーはコーチは残念で仕方がありません。
どうしてそうなってしまうのか、もう一度選手と一緒に考えてみたいと思います。

高洲A 3-0 八幡
高学年になると大量点は望めません。
ボールの支配率では圧倒しましたが、攻撃のときになかに入りすぎたために却って攻め手を欠きました。
サイドからの攻撃をいまいちど思い出してもらいたいものです。

10/14
高洲A 2-0 南行徳
終わってみれば2点差の勝利だし、ボールも支配していましたが途中までは見ていて焦る展開。
相手に合わせずに自分達のサッカーに持ち込むまでの力はありませんでした。

高洲A 0-0 百合台
 PK  5-3
カウンターの応酬で双方ともに決定機があったものの得点に至らず。
PK戦で5人全員が決めたのは褒めるべきか。
外した相手の選手は気の毒でしたがホッパーズキーパーの好セーブが光りました。

苦労して掴んだ県大会出場です。
ブロック大会の良かったところ、悪かったところをみんなで共有して、
悔いのないよう全力で頑張ろう。

201210141
相手の独走からのシュートを好セーブ!

201210142
再三のシュートもキーパー正面。。。。

201210143
渾身のクリア!

201210144
ハーフタイム。『絶対、勝つぞ〜』

201210145
相手ゴールに迫る!

201210146
終了間際のFK。惜しくも外れる。。。

201210147
PK4人目で止めた!

201210148
勝利の歓喜!

| 8期 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
【8期】トーナメント開幕: 8期

市内トーナメントが始まりました。
ホッパーズ8期はAMBER、BLUE、CYANの3チームで臨みました。

結果は以下の通りでした。
9月1日
ホッパーズCYAN 0-0 ギャルソン清龍
         PK 4-5
実力は拮抗。こういう試合こそモノにしたかった。

9月2日
ホッパーズAMBER 14-0 マリーナC
ホッパーズAMBER 0-0 ギャルソン豊受
          PK 5-4
「絶対勝つぞ!」と臨んだがスコアレスドロー。昨年は同じ相手にPK負けしている嫌なパターン。今年はなんとか勝ちました。

ホッパーズBLUE 0-0 イースト  
         PK 4-3
圧倒的に実力で劣っていると思われたが、全員一丸となったディフェンスでスコアレスドローに持ち込んだ。PK戦の最後で力尽き金星を逃がした残念な一戦。

夏の間の練習テーマは利き足と逆の足を使えるようにすること、でした。
練習の成果が出たかな?
トーナメントなので引き分けの場合はPK戦になります。
今回はホッパーズの3チームともPK戦を戦うことになり、結果は1勝2敗でした。
PK戦はくじ引きみたいなものなのですが、純粋にそうとも言い切れません。
勝てばいいのかと言うとそうでもありません。
成功すればいいのか、失敗したらアホと言われるのかといえばそうでもありません。
PKを成功させるためには自分の狙ったところに正確に蹴る力が求められます。

パターンに分けて考えてみます。
練習を充分にした選手を過程G(Good)とします。
しない選手は過程B(Bad)です。
練習の結果、狙ったところに蹴れる力をつけた選手を実力G(Good)とします。
力をつけられなかった選手は実力B(Bad)です。
試合でPKを成功させた選手は結果G(Good)です。
はずした選手は結果B(Bad)です。

過程-実力-結果がG-G-Gの場合:良かった。次も油断せず頑張ろう。
過程-実力-結果がG-G-Bの場合:残念。どうして外してしまったんだろう。メンタルが弱いのか。外した原因を考えよう。
過程-実力-結果がG-B-Gの場合:おめでとう。でもたまたま入っただけなんじゃない?もう少し練習頑張ろう。
過程-実力-結果がG-B-Bの場合:もう少し練習頑張ろう。
過程-実力-結果がB-G-Gの場合:こういうパターンはありえません。
過程-実力-結果がB-G-Bの場合:こういうパターンはありえません。
過程-実力-結果がB-B-Gの場合:ホントにたまたま入っただけです。練習しましょう。
過程-実力-結果がB-B-Bの場合:練習するしかないです。

PKを成功した選手も失敗した選手も自らを振り返ることから成長が始まります。
たかがPK、されどPK。。。。。。じゃないですよね。
勝負がそれで決まり、結果は天国と地獄ですから。

AMBERはとにかくベスト8進出。
次も頑張りましょう。

2012トーナメント8期1

2012トーナメント8期2

2012トーナメント8期3

2012トーナメント8期4

2012トーナメント8期5

2012トーナメント8期6

2012トーナメント8期7

2012トーナメント8期8

| 8期 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |